ゆめのたね放送「なんくるウィークリー」

女性フィットネスインストラクターが働くということ

2017年8月15日&22日 火曜日の朝 8:00〜8:30 ゆめのたね放送局 関西チャンネル 「おかげさんのなんくるウィークリー」は、3月に引き続き2回目の登場!梅ちゃん先生こと梅本道代さんです。

多様化する女性フィットネスインストラクターの働き方

今回のテーマは、「女性のフィットネスインストラクター」について話をしています。健康ビジネスの中においてもフィットネスの領域では、圧倒的に女性が多い・・・それゆえに仕事を続けるということは、女性特有のストレスや悩みがあります。

当然、結婚している人は専業主婦ではなく兼業主婦。社員だけでなくフリーランスで業務を受託している人が多いのもこの業界の特徴。ということは、自立している人が多く、家庭があれ、独身であれ、シングルマザーであれ、バツイチであれ、みんな元気に能動的に活動している人が多いのもフィットネス業界なのです。

しかし、フィットネス業界のマーケットは、小さく狭い業界。最近では、いろんな領域につながって、フィットネス領域のボーダーが広がって、インストラクターとして求められることも多岐に渡り、何が正解?どれが本物?わかりづらく、曖昧になっていることから悩みも増えてきます。

フィットネスクラブでの指導、介護現場での指導、企業での指導、教育現場での指導・・・健康を求めているところはありとあらゆるところにあります。

さらに、子供も、大人も、高齢者も、妊婦も産後のママも更年期の女性もみんな健康を求めています。女性は、ホルモンのバランスからみても、人生のライフバランスの変化が大きく、多様な働き方をする人が多いために、どうしても自分一人でストレスを抱え、悩みがち。

フィットネスインストラクターも女性が多いゆえに、また「健康」をビジネスにしているからこそ、余計に弱音も吐けず、ストレスを抱え込む傾向があるかも?

エアロビクスブームと女性の仕事の変化

1980年代のエアロビクスブームから始まり、空前のフィットネスブームが起こったことが懐かしく思い出されますが・・・社会は、「ウーマンリブ」「女性解放」「男女雇用機会均等法」などの言葉がマスコミからもよく聞こえていました。そんな時の「エアロビクスブーム」です。

露出することの抵抗が取れたファッションの変化、鍛えた、健康的な身体を見せることで、自由に自己表現できるインストラクター。私もそうですが、この頃インストラクターになった人は、多かれ少なかれ自分の変化に酔いしれたものでした。そして、やがて知識やスキルを磨くことで、女性としての仕事のあり方を築いてきました。

梅ちゃんもそんな一人

もともと太っていた梅ちゃんは、エアロビクスで痩せたとのこと、なんと!75kgから64kgへ

身体変わると自分が変わる!自信が持てる!そんな経験をした梅ちゃんは、独特の世界観があったエアロビクスにのめり込むことに・・・

協力をもらいながら働き続けること

フィットネスインストラクターとして、多くの方々の前で「健康」「運動」「生きがい」・・・いろんなことを伝えていくけれど、それはそれで魅力的な仕事だけれど・・・

結婚しても仕事をする!子供ができても仕事をする!

頑張れば頑張るほど苦しくなる・・・多くのインストラクターが葛藤していることだと思います。

結婚をしたら、夫の協力

子供ができたら、親や家族の協力

そして子育ては、家庭だけでなく、学校、地域と関わることから、さらに仕事以上の時間を取られていきます。上手に甘えて、その時期にしか体験できなことを楽しむように意識を変えてみると、少し楽になります。

ずっと続くわけではないから、その時、その時期、誰かに頼る必要があります。私もそうやって乗り越えてきた気がします。「すみません」と「ありがとう」を言い続けていた時期です。

梅ちゃんは、よく娘の子守をしてくれました(笑)

独身フィットネスインストラクターの不安は?

仕事は楽しくやりがいがあるけれど・・・独身のインストラクターは、ストレスある?不安がある?

梅ちゃんに聞いてみたら、51歳になって、自分の家族を持っていないことで「誰が看取ってくれるのかな?」「フリーの収入の不安定さ」ということが頭をよぎるとのことです。

梅ちゃんがそれに立ち向かうために、「人生設計をしっかり立てる」と決めてるとのこと。

「立つ鳥跡を濁さず!」保険をかけて、葬式代を置いておく(笑)

堅実な生真面目な梅ちゃん、心配性の梅ちゃんらしい生き方です。準備万端、備えあれば憂いなしとのこと・・・参考にしたいです。

DCIM100GOPROGOPR0136.JPG

いろんな生き方があるけれど、自立するためには、自分で生きていく選択をし、他人に社会に迷惑をかけない!と責任を持つことが自立!

不安を漠然とイメージするのではなく、何が不安か?どうなると不安なのか?はっきりさせる必要があります。そうして、その問題解決のための行動計画が必要。梅ちゃんは、コーチングを活かしているようです。

これからの人生設計は?

やはり仕事をする以上、誰かのために働きたい。「傍を楽にする」という大好きな言葉通り、家族や仲間、地域の方々、日本、世界へと広がっていきます。

私の場合は、結婚をして家族を持ち、子供の成長に立ち会いながら、子供に働いている姿を見せることができた。自分の生き方を近くで見てくれる人がいることに安心感があったかな?旦那様の忍耐と努力のおかげです(笑)

結婚という経験ができたことが指導者として良かったとも思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、独身を続けながら、仕事をする梅ちゃんにも結婚を考えた時期があったとのこと(^ ^)

仕事という目標を持ったので、独身を貫いていますが、それでも家族を大切にする梅ちゃん。

家族の形っていろいろなんです。家族って好きな人と結ばれて、婚姻届を出すことだけではなく

いきのび協会という家庭に家族がいっぱいです。

「力を3つ➕」と「協」という字になります。みんなの力が集まって加わって、みんなが集まって、会話し、会食し、会合するのです。

いきのび協会をこよなく愛する梅ちゃん。

何か1つの目標に向かって共に集まって成し遂げる!

何もかも一人でやろうとしてストレスを抱えるのではなく、

みんなの協力があって、チームとして立ち向かっていく!

若い頃は、1人でやろうとする、完璧にやろうとする、

今になって、家族って補完し合う関係。いきのび協会も同じ。

自立とは、完璧に1人で生きることではなく、補完し合いながらともに歩んでいく関係

年を重ねると、自分のできないことが見つかっていく、そして、それをできる人をが見えてくる。

だから、一歩歩み寄ってつながっていく。そんなことをトークしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

梅ちゃんにとって、「自分の夢は、働く原動力である3つの健康を大切にしたい」とのこと  

「身体の健康」「言葉の健康」「思考の健康」の3つ

いいこと言いますね(^o^)/

女性の働き方、まだまだいろいろとあります。話は尽きません。第2弾をお楽しみに♪

次回の予告

次回、9月5日と12日は、なんと娘と婿殿に登場してもらいます。若い新婚のカップルが思うところのフィットネスについてをお話ししてもらいます。家族でゆめのたね放送です(笑)

上記ロゴをポチッと押したら、「ゆめのたね放送局 関西チャンネルへ」火曜日の朝8:00〜8:30「おかげさんのなんくるウィークリー」をお聴きください。

尖って生きてみよう!!

シナプソロジーとの出会いが・・・

8月1日&8日火曜日の朝8:00〜8:30のゆめのたね放送局関西チャンネル「おかげさんのなんくるウィークリー」のゲストは、シナプソロジーアドバンス教育トレーナとして活躍中!本業は、企業の研修や海外研修ツアー、労働組合の研修に関わる「ゴア親方」こと久瀬一善さんです。

お酒超大好き、グルメ通の親方ですから、ほんの少し前までは、0.1トンを超えていたという・・・(´⊙ω⊙`)

少し減量に成功して意気揚々としている久瀬親方です。でも、もう少し絞ってもらわないとね〜〜〜(笑)

親方は、もともと株式会社松下旅行で、海外視察旅行を主担当とし主に労働団体関係の研修旅行に携わり、海外視察添乗回数は230回を超えるやり手講師なのです。

そんな親方が、某スポーツクラブでエアロビクスのレッスンを始めて受けたのが、梅ちゃんこと梅本道代さんのレッスン。そのご縁で、私と会食をする中で、「きっと仕事に役立つんじゃないかなぁ〜?」とオススメしたのがシナプソロジー!

ピピピッときたら行動が早いのが親方です。インストラクター養成コース、教育トレーナー養成コースと階段を駆け上がるような勢いで、シナプソロジーをモノにして、お仕事にも大いに役立てているとのこと。

親方にとって、シナプソロジーが人生を変えたそうです。

 

海外から見た日本人の”生欲”とは

そんな海外渡航経験の多い久瀬親方から見た日本とは?

カンボジアの子供達に向けたボランティア活動などを精力的に行う中で、物質的に豊かな日本が実は「愛情」が欠如してるのでは?と切り込んでいます。自らが欲を持つこと、「○○をしたい!」と思う前に多くのものが与えられてしまう環境が問題だとも・・・「ハングリー精神」なんて言葉が死語にもなりつつある・・・

カンボジアの子供達の眼差しの向こう側に見えるもの、「○○をしたい!」という気持ち。それが「生きたい!」という『生欲』なのでは?もっと、日本人は『生欲』を持って、自らが尖っていくことが大事とのこと。みんな一緒に!といったような標準化から、個性を活かしていける社会や企業に変わっていく必要があるとメッセージを送っています。

いつも、親方とは、冗談ばかり言いあっていますが、お互いに志すところ、想いは共通していて繋がっています。尖った人生が面白いんですよね(^ ^)

50代に入っておっさんになっても、親方はまだまだやんちゃな男子なのです。そんな久瀬親方のチャレンジぶりを見ているのが面白いと思う私なのです。

 

ええかっこしいは卒業

若い時は、プライドが高く、ええかっこしいの自分がいたと語る親方。

そんな親方が、町田宗鳳氏と出会ってから、断食合宿に参加するようになってから変わったと言います。自分より若い人が多くなる中で「周りは師」若い人も全て師と思って接していくことを心がけるようになったとか・・・「ありがとう」という言葉をいつも大切にするようになったとのことです。

でも、私は知っているのです。さりげなくいつもエスコートしてくれたり、サポートをしてくれたり・・・ええかっこしいではなくて、めっちゃ優しいのが親方なのです。

親方の優しさに、私が「ありがとう」といつも思っているんですよね・・・(気づいてくれてたかな〜〜?)

そんな久瀬親方の仕事に対する思いやこれからのことが語られる30分間の内容です。

どうやら来年には、いよいよご自身のビジネスの法人化も考えて、ステージを上げていくようです。

もちろん、私は後方より援護射撃とツッコミをする予定です(笑)

次回の予告

次回、8月15日と22日は、2回目の登場、NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会の梅ちゃんこと梅本道代さんに再度登場していただきます。お楽しみに♪

 

上記ロゴをボチッと押したら、「ゆめのたね放送局 関西チャンネル」へ

火曜日の朝8:00〜8:30「おかげさんのなんくるウィークリー」お聴きください。

50歳過ぎたらマイウェイ

IQ168の女とは?

7月18日&25日火曜日の朝8:00〜8:30のゆめのたね放送局関西チャンネル「おかげさんのなんくるウィークリー」は、関西で活躍する池ちゃんこと池田扶実子さんです。池ちゃんとは、30年くらいのお付き合いになりますが、大阪でのフィットネス活動をともに歩んだような仲間でもあります。

そんな池ちゃんは、大学を中退して、IQ168の頭脳を活かし、コンピュータープログラマーの世界へ

頭の回転が早く、行動力もある池ちゃんですから、会社勤めだけでは物足らず、ジャズダンスなどのレッスンを楽しむ中で、「これはすぐにできる!」という器用さで、あっという間にインストラクターとして活躍!!

関西で初のヒップホップダンスを始めたとか・・・当時は、あちこちのスタジオやフィットネスクラブからインストラクターが詰めかけていたようです。20代から30代の若かりし頃の全速力時代、ガンガンに飛ばしまくっていた池ちゃんです。

全ては、ファザコンから始まり愛情深い先生へ

そんな池ちゃんにも転機が何度かあったようです。

フリーインストラクターから社員となって、大手フィットネスクラブの中でエクササイズ開発や人材育成に関わってみたり、そこからまたフリーとなって「if企画」を立ち上げたり・・・トレーナーの団体の立ち上げに関わって、多くの指導者を育成したり・・・

いつも少し先取りする中で「先生(先に生きる人)」として活躍する池ちゃん。

自分自身も「先生でいることが大好き!」と嬉しそうに話す池ちゃんでした。

そんな池ちゃんの愛情深い先生ぶりのルーツは、どうやら思春期の頃ご両親が離婚されて、その後お父さんをずっと支えてきたことに由来するようです。自分でも「ファザコン」っと豪語するくらいのお父さん思いの池ちゃんです。私も池ちゃんのお父さんを知っていますが、長身でかっこいいんですよね。娘としては、そんなお父さんが大好きでしょうがないということなんでしょうね。

そんな愛情深さが、大学や専門学校での指導の中でも生徒たちに注がれているようです。

50歳過ぎたら・・・

昨年から公益社団法人日本フィットネス協会の理事としてともに活動する中で、池ちゃんのスピーディーな動き、愛情深い取り組みはを目にすることがいっぱい。

20代から40代にかけて、走り続けた池ちゃんが50歳を過ぎて思うこと

「これからもマイウエイ!」自分らしく豊かに人生を歩んでいきたいとのこと。多彩な能力を誰かのために、特に子育ての代わりに人育てに関わっていきたいとのことです。「一生!池ちゃん先生」で歩んでいきたいとのことです。

  

そんな池ちゃんと私もこれからいろんなコラボができそうです。

ある時は、同志でもあり、ライバルでもあり、妹でもあり、姉のようでもあり(笑)・・・お互いに50代はさらに磨きをかけていきたいと思うばかりです。

いつも近くにいながら、池ちゃんのこれまでのことこんなにたっぷりお話が聞けたのは初めてだったかもしれません。池ちゃんの素直な言葉やお話しを聞けたことに私もほっこりあったか〜〜〜い気持ちになりました。

次回の予告

次回、8月1日&8日は、企業研修のツアーの企画をしたり、自らが講師として活躍する久瀬一善さんです。シナプソロジー®アドバンス教育トレーナーとしても活躍中です。

世界を股にかけて活躍する久瀬さんのお話を楽しみにしておいてくださいね。

 

上記ロゴをボチッと押したら、「ゆめのたね放送局 関西チャンネル」へ

火曜日の朝8:00〜8:30「おかげさんのなんくるウィークリー」お聴きください。

体育会系女子が美魔女に変身!

66kgのOLがインストラクターへ

7月4日&11日火曜日の朝8:00〜8:30ゆめのたね放送局関西チャンネル「おかげさんのなんくるウィークリー」は、フィットネス業界の美魔女こと三浦栄紀ちゃんの登場です。大阪市内で「エモーション」というスタジオを運営し、全国各地でラテンの嵐を巻き起こすような活動を続けている55歳とは思えないベテランインストラクターです。

そんな、栄紀ちゃんは、大学を出て間もない頃の20代は、OLをしていたとか・・・大学時代は、ハンドボールでひたすらにボールを追いかけて走り回っていた体育会系女子が、卒業と同時に会社勤め。

毎日、飲んで食べて歌って踊って・・・を繰り返すうちにあっという間に体重が66kg。

私も20歳の頃は、ぽっちゃりさんでしたが、60kgの大台を踏みとどまりましたが・・・栄紀ちゃんは身長も高いことから、かなりの大きな女性に変身していったようです。

たまたま気軽に受けたエアロビクスでインストラクターにスカウトをされて、あっさり会社勤めはさようなら♪( ´θ`)

たくさんのファンを抱える売れっ子インストラクターに変身!

結婚、妊娠、出産・・・女性としてのキャリアを築く!

そんな栄紀ちゃんが、29歳の時に結婚をして、めでたく寿退社をしてフリーインストラクターへ

やがて、妊娠出産と2人の男の子のママになりました。

家庭のことも大変な中でキャリアを積み上げてきた背景には、旦那様との喧嘩を乗り越えても大好きなレッスンがあったこと、義理のご両親や栄紀ちゃんのお母さんに支えられてきたとのこと。

そして、自分の周りのインストラクターや教え子たちに結婚後のセカンドキャリアの築き方、繋げ方を自らが実践して、両立できることを伝えたかったとのこと。

栄紀ちゃんの明るさや、どんな時も素直に気持ちをぶつけていくところ、面倒見のいいところ・・・

誰もが栄紀ちゃんのそばにいるとエネルギーがチャージされます。

それでいて、とっても涙もろくて繊細。

心優しい女性です。

みんなに守られている!

栄紀ちゃんの素晴らしいところは、ご自身のお母様『お母ちゃん」を大切にするのはもちろんのこと、ご主人のお母様に何でも聞いてコミュニケーションをとっているとのこと。苦手だったお料理の味付けや、盛り付けなど何でもとにかく聞いて教わったとのこと。また、そうするようにご自身のお母様からも教えられたとのこと。

そんな可愛げたっぷりの栄紀ちゃんだからこそ、ヨーロッパに行く時も義理のお母様が「私が元気なうちに思いっきり仕事しなさい!」って言ってくれたとか・・・こんなお姑さん、なかなかいませんよね

そんな栄紀ちゃんが、素晴らしいスタッフとの出会いがあり、「エモーション」というスタジオができたとのこと。

裏の神社に守られ、

素敵な仲間に守られ、

美魔女のスタジオができあがりました。多彩なプログラムが展開されています。美魔女になるためのレッスンが用意されているとのことです。

そして、栄紀ちゃんのライフワークでもあるスマイルチャリティ(乳がん検診の推進)の活動も行なわれています。

全国各地に広がりを見せている活動ですが、関西方面では、

今年の9月18日(月・祝)ルネサンス豊中で開催予定です。

詳細はこちら▶️スマイルチャリティ公式ブログ

次回の予告

次回、7月18日&25日は、次世代の指導者を育成する大学や専門学校で非常勤講師を勤めながら、フリーインストラクターとして活動する池田扶実子さん登場です。

栄紀ちゃんに負けないくらいのパワフルなインストラクターです。お楽しみに・・・

上記のロゴをポチッと押したら、「ゆめのたね放送局 関西チャンネルへ」

火曜日の朝8:00〜8:30「おかげさんのなんくるウィークリー」お聴きください。

剛と柔のバランス感覚で颯爽と生きる!

内も外も男前な奴とは?

6月20日と27日火曜日の朝8:00〜8:30ゆめのたね放送局関西チャンネル「おかげさんのなんくるウィークリー」は、大阪の北堀江にある「コアトレーニングスタジオロハス」を運営している田中満君です。

今年50歳という満君ですが、相変わらずの男前で、笑顔素敵で身体もしっかりトレーニングされています。

元は、大手フィットネスクラブでバリバリにトレーニング指導やエクササイズ指導もしていたので、満君ファンもたくさん。どちらかというと硬派な感じですが、どこかお笑い系も持ち合わせているので、本当にいろんな方から好かれています。そして、頼りにもされる兄貴のような存在。

よくよく聞くと、もともと俳優志望だったとか?お笑い芸人志望だったとか?体育の先生志望だったとか?

そして、今の仕事がそれを全て兼ね備えて、人前に立ちセミナーや講演を行い、運動指導を行い、施設を経営するという頼もしい男です。

50歳ともなれば、今までいろんなことがあっただろうけれど、彼の人柄に魅せられた人のサポートや彼が培った経験や実績によって、フィットネス、トレーニング業界では頼れる兄貴として、多くの後輩を育てています。

コアを整え、柔術を繰る!

満君といえば、私が最初にストレッチポールに出会うきっかけになった人です。「面白いツールがあるよ!」と教えてもらい、即買いをして、ビデオ体験をして、驚きの結果に「なんじゃ〜〜〜こりゃ〜〜〜!?」と大騒ぎ。

ご案内いただいたセミナーに、即申し込み・・・そこで一緒に研修を受けて、そこから共にコアコンディショニングの虜です。

人の発育発達において動きの機能獲得に合わせたコンディショニングのメソッドを全国各地で普及しています。私自身もちょうどヨーロッパに学びを求めだした頃で、運動療法やリハビリの考え方とリンクし、エアロビクスの知識にコンディショニングの知識が加わって、身体の内と外が繋がった時期でもありました。

つまり共に、今日のフィットネスや健康づくり業界に関わってきた同志のようなものです。

そんな、満君が運営する「コアトレーニングスタジオロハス」では「グレイシー柔術」という女性でも楽しめるプログラムを展開しています。格闘技というより護身術に近く、自分の健康を自分で守るように、自分の身体を自分で護る!

護身の考え方は、無理をせずに相手の力を借りながら、自分の身体を大切にする!これってフィットネスの健康づくりとコンセプトは同じです。

さらにコアトレーニングで身体を内側から整えたら、それが日常に活かされるためにも、体幹と手足が繋がって全身がスムースに連鎖する必要があります。グレイシー柔術では、技を身につけながら身体の機能的な動きが自然と身につき、さらに護身に役立つとのこと。

私も合気道をやっていた時期が少しあるので、その感覚はよく分かります。

興味のある方は、ぜひ「コアトレーニングスタジオロハス」に行ってくださいね。

弘法大師と誕生日が一緒!高野山が似合う男

今年、50歳になった満君は、誕生日を高野山で愛する奥様と迎えたそうです。

満君の「ありがとう」の背景に語れないくらいの熱い想いがあふれています。奥様やお嬢様に向けた思いは、夫として父親として・・・でも私は、男としての満君の想いに心がちょっとウルルル・・・「かっこいい!」と素直に思ったのでした。

一昔?二昔?前なら、家族への思いを言葉にする男は、軟弱に思われたかもしれませんが、満君は、素直に言葉に表現できる男です。そして、行動に移せる男です。50歳という区切りの年を、高野山という弘法大師様の聖地で大切な人とスタートさせた男なのです。

満君を表すとしたら、

内側に「柔」を、外側に「剛」を持つ男

内側に「サイエンス」を、外側に「アート」を魅せる男

弘法大師様のように何かを始めて行く・・・開祖を目指して行くのかな〜〜〜

今後の活躍、ますます期待しちゃいます。

次回の予告

次回、7月4日&11日は、大阪市内で美を追求し続け、美魔女として活躍する三浦栄紀さんです。「エモーション」というスタジオも経営しながら、ラテンやアクアエクササイズなど様々なフィットネスエクササイズを全国で展開しながら2人の男の子のお母さんでもある働く女性代表のような彼女をご紹介します。

上記のロゴをポチッと押したら、「ゆめのたね放送局 関西チャンネルへ」

火曜日の朝8:00〜8:30「おかげさんのなんくるウィークリー」お聴きください。

ストレッチの神様登場!

永遠の兄貴はアイドルスマイル

6月6日と13日火曜日の朝8:00〜8:30ゆめのたね放送局関西チャンネル「おかげさんのなんくるウィークリー」は、京都にあるスポーツクラブ、エルスポーツのゼネラルマネージャー井上武弥君です。

武弥君とのお付き合いもずいぶん長くなります。私よりずっと若いといってもすでに40代半ば。

20代の頃のエアロビクス競技バリバリにやっていたアイドルスマイルは衰えることなく、私の中では、フィットネス業界の「郷ひろみ」です。いえ「Hiromi Go」なのかな?

彼の肩書きが「ゼネラルマネージャー」というだけあって、その仕事ぶりは多岐に渡ると同時にかなりの器用さを持つ天才タイプです。好奇心が旺盛なのか、どんな仕事もとことんマニアックに突き詰めて行くタイプです。

いつも若い彼からいろんな新技を仕入れては、私も周りに「知ってる?知らないでしょう?」と鼻を高くしています(笑)受け売りを使いまくっています。

それでいて、彼は会社の中でも、自分自身のエアロビクス連盟での活動においてもみんなの頼れる兄貴のような存在なのです。

私自身は、彼のストレッチとボディメイクの施術を毎月受けるようになって、体の調子、膝の調子がすごくいいので、武弥君を「ストレッチの神様!ゴッドハンドを持つ男」と心の中で思っているのです。

京都のコアマックスというお店で彼のストレッチ受けれますよ♪

 

好奇心と戦略思考で仕事する!

武弥君のいる会社は、エルスポーツという京都では老舗のフィットネスクラブ、どちらかというと今時のフィットネスクラブというより、昔の会員制スポーツクラブのような施設です。お客様のニーズも高く、意識も高いクラブ。私もそこのアドバイザーをかれこれ15年携わらせていただいていますが、スタッフの方々のサービス力はなかなかのものです。

そんな会社で、彼はとにかく私が持ってくる情報やアイデアにいつも反応してくれます(^ ^)

新しいことを学ぶの大好きだし、パソコンなどを使っての情報収集も得意だし・・・

要は、アイドルの前に好奇心旺盛の男の子なのです。それが半端ないくらいの突っ込みよう。家のベランダでカブト虫を飼って、それを孵化させてはプレゼントしたり・・・釣りに興じて、ゴルフを堪能し、猫をこよなく愛する心やさしき男の子です。

ラジオの中でも話に出ていますが、そうやって好奇心いっぱいで取り入れた情報やアイデアをちゃんと自分のアイデアとともに形にして行くのが得意な彼です。全方向型の脳みそのようです。

私とちょっと似ているところもあるんだけど、私は天才ではないので自分でできないので、人の手を借りるタイプ。武弥君は、それを全部自分でできてしまうところがすごい!

そんな彼が、この数年、次世代の若いスタッフに仕事を任せるようになってきました。男の子から男への脱皮だったのかなぁ〜?

尽きない夢を追いかけて・・・

ラジオの中では、スタッフへの思いが溢れたビジネストークが続きます。これから、自分のビジネスを拡大したい人や仕事のあり方に悩んでいる人には聞いて欲しいなぁ〜って思います。

今回、ゆめのたね放送局の私の番組に出てもらったことで、早速このインターネットラジオのビジネスのあり方にも興味を持っていたようです。彼の「収集心」「学習欲」「着想」にボッと火がついたのが見えました(笑)

きっと、滋賀放送局か京都放送局ができたら、武弥パーソナリティも誕生しそうですね。

武弥君の尽きない夢は、ますます広がっているようです。その夢の根底にある家族への思い。そしてどうやら、もうすぐ新しい家族も増えそうな予感。男が父親になった時の顔を楽しみにしたいと思います。またもや私は、バァバになりそうです。

武弥君には、父親になってもアイドルスマイルでいて欲しいと思う私なのでした。

次回の予告

次回6月20日&27日は、大阪市内のコンディショニングスタジオ「ロハス」を運営するこれまたかっこいい男前のトレーナー田中満君の登場です。フィットネスクラブから独立して、「グレイシー柔術」という女性にとって健康にも護身にも役立つプログラムの展開もしている満君をご紹介します。

上記のロゴをポチッと押したら、「ゆめのたね放送局 関西チャンネルへ」

火曜日の朝8:00〜8:30「おかげさんのなんくるウィークリー」お聴きください。

運動は、万能薬!それがパナシア

華麗なる転身!その背景は?

2017年5月16日と23日の「おかげさんのなんくるウィークリー」は、株式会社西本あんしんサポートの西本延子社長がゲストです。西本さんは、医療機器を扱う会社の経営をお父様から引き継ぎ社長業をずっとされていましたが、自分自身の健康や家族、社会における健康に対する意識をもっと「予防」の観点から取り組む必要があると思い立ち、ご自身の会社の経営権を譲って、介護予防事業、フィットネス事業、不動産事業を始められました。

医療機器の会社の経営者だった頃のお話も興味深いものがあります。従業員の方への思いと現実とのギャップにストレスを感じることもしばしば・・・ご自身の鬱の体験もお話してくださいました。

 

健康のために必要なこと

仕事と自分自身の身体や気持ちと関わる中で、たどり着いた答えは・・・

1に運動、運動が健康をもたらすということ。

運動は、自分自身が身体を通して体感することができる、つまり自分自身を客観的に見てくことができる。社長業という自分の中でいつも判断をし、覚悟をし、責任を持つというストレスのかかる状況の中でも、運動をすれば「それができる!」

また、健康に関わる仕事をしているにもかかわらず、お母さまのロコモティブシンドロームの状態をくいとめることができなかったのが悔しい!とのこと。これからの時代を考えると「自分たちがそうならない!」ためにも未然の健康づくり。そのための運動の必要性を周りの人にも伝えていきたいとのことです。

まず、家族や自分自身の健康にもっともっと気づいていく必要があると熱く語っていただきました。私たち運動指導者は、「そのために何をどのようにすればいいのか?」生きている限り考え続けたいテーマですね。

経営者として自らが、学ぶということ

西本さんは、経営者でありながら、かなりいろんな研修に出没しては、新しい人間関係を作ったり、ビジネスのアイデアをひねり出しながら、運動指導もこなすようになりました。「人間の体に興味がある!」「難しいけれども面白い!」と目をキラキラさせました。経営者自らが学ぶことの目的は何なのでしょうか?

*経営者として指導者の気持ちを理解する!

*忙しいスタッフのために自らが学んで情報提供をする!

特に運動指導の難しさとは、何か?参加者の方への目配りや配慮は、会社の経営の難しさと通じることがあります。

会社経営も指導者の指導もそれぞれの思いや志しがあった上でのこと、そうやって歴史がキャリアが積み重なっていくのです。

西本さんは、そんな志の強い社長です。そして指導者です。毎週、熱いメールマガジンを発信する社長なのです。

世代世代に合わせた運動を続けるということ

運動経験の少ない方が、取り組むためには、「まずは興味を持つということ」

とりあえず、体験して、体感してみないとわからないことがいっぱいあるということです。

「西本さん自身が体感して最も良かったのは?」精神的に参っていたときに始めたヨガでずいぶん救われたのですが、ある時、ヨガをやっていたのに体が動かなくなった!硬くなった!ということでヨガをやめてしまわれました。そんな時に出会ったのが、「機能改善体操」。この機能改善体操と出会ってからは、もっと簡単な運動で身体が楽になる!これならできる!!と思われたとのことです。そして、運動を単に続けるのではなく、世代世代にあった運動に取り組むことが必要。そのための世代に応じた運動のコンテンツが必要と考えるようになったとのことです。

年齢にあったお洋服を着替えるように運動もそうあってほしい!

「やらなきゃ!」だけでなく、自分の体の状態に合わせた運動のあり方を考えていく、運動のキャリアを積んでいく。それが、女性らしいオシャレな運動の取り組みということで、谷町4丁目に「からだのウエルエイジングスペース パナシア」をオープンさせました。

「パナシア」とは「万能薬」という意味。そして、西本さんにとって「万能薬こそ運動」とのことです。

日々の中で姿勢を心がけること、絶えず、自分自身を意識するということを忘れずに年を重ねたいということでした。経営者の方の健康観をお聞きして、学ぶこといっぱいです。

次回の予告

次回は、6月6日&13日は、京都エルスポーツのゼネラルマネージャーであり、コアマックスというストレッチ&ボディメイクサロンを運営している井上武弥さんをお招きしています。ストレッチの手技は、神業ともいえる武弥さんにこれからのフィットネスに関していろいろとお聞きします。

上記のロゴをポチッと押したら、「ゆめのたね放送局 関西チャンネルへ」

火曜日の朝8:00〜8:30「おかげさんのなんくるウィークリー」お聴きください。

ダンディに「歩く人。」土井龍雄先生

ナチュラルな佇まいで・・・

2017年5月2日と9日の「おかげさんのなんくるウィークリー」は、ダイナミックスポーツ医学研究所顧問の土井龍雄先生です。「セーフティーウォーキング」「歩く人。」の本の著者でもあり、脱・ロコモティブシンドロームを訴えて全国各地で講習会に飛び回っている先生です。

先生との出会いは、かれこれ30年以上も前になります。

当時、先生はメディカルの領域でリハビリ後のトレーニングとして積極的に活動をされていました。有名なスポーツ選手も土井先生が手がけていました。野茂投手や武豊騎手、フェンシングの太田選手もそのうちのクライアントです。

コンディショニングからレジスタンスのトレーニングまで長きにわたって現場を見続けてきた先生は、ワインを愛し、時に社交ダンスも嗜み、その佇まいは、ダンディな紳士といった風情です。

そんな先生と、思いを共有したのが16年ほど前から私がヨーロッパへの運動療法の研修ツアーを企画するようになってから、先生も2度ほどご一緒してくれたことが大きなきっかけでした。人体の解剖にも一緒に立ち会って、ドイツやスイスの様々な運動療法の学びを共にさせていただきました。

自分で考えて動く!

先生のお話だと私たちの身体の耐用年数は50年くらいだそうです。それゆえに50歳を過ぎた頃から気になるのが、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)です。ひとたび、膝腰が痛くなると歩くのが億劫になったり、困難になったり・・・そして、運動・活動不足からさまざまな疾患を誘発してしまう可能性が・・・

だからこそいつまでも歩ける身体が必要です。

そのためには「考えて歩く!」「意識して歩く!」ことが大切。

自分にあった歩幅で、スピードで、歩き方で・・・

むやみやたらに大股で歩いてもかえって怪我のリスクが増すだけ!

「歩く人。」のセミナーでは、歩行測定をします。

私もはじめに行った時は、28点(°_°)酷い点数です。

でも、意識して考えて歩くと68点に(嬉)上昇。

つまり、身体の使い方を変えるだけで、健康的な体が手に入るっていうこと。

健康寿命は、歩行寿命を延ばすことから得られるのです。

これからの健康づくりは、知的な運動方法が求められます。知的にフィットネス!なのです。

明治時代の人から学ぶ!

土井先生が最後に印象的なことをおっしゃいました。

歩けるから健康!だから健康寿命を延ばせる!

明治時代生まれの方がよくおっしゃるのが、「最後まで自分の足で歩く!」「誰の世話にもならない!」

そのために自分を律する!と・・・土井先生の声がビンビン響きます。

まさしく、自律という意識です。

私が率いるNPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会のミッションが、まさしく「自立と自律」

不思議にも明治生まれの方々の意思を受け継いでいる形です。

私自身も自分を律すること、もっと深くきわめていく必要がありそうです。

からだの学舎Re-fitでは、毎週金曜日の朝8:00〜9:00 大阪府大阪狭山市の狭山池周りをノルディックウォーキングを行なっています。4km弱のコースで1時間弱のノルディックウォーキング。ポールを持つことで膝腰にも優しいウォーキングになります。そして、ポールを使うことで上半身にも負荷がかかり、運動量を稼ぐこともできます。

興味のある方は、「からだの学舎Re-fit」にお問い合わせください。

次回の予告

5月16日&23日は、西本あんしんサポートの社長で、谷町4丁目に「からだのウエルエジングスペース パナシア」のオーナーである西本延子さんをお迎えします。医療機器の大きな会社を手放し、介護やフィットネスの仕事に転身されたその熱い志しをお聞きしたいと思います。

上記のロゴをポチッと押したら、「ゆめのたね放送局 関西チャンネルへ」

火曜日の朝8:00〜8:30「おかげさんのなんくるウィークリー」お聴きください。

自分にこんにちは

痺れる声の持ち主、魅惑のVoice登場!!

4月18日&25日火曜日のゲストは、岡べっちこと岡部泰典さんです。

写真でもわかるようにふつ〜のおじさんのように見えますが、実は、エアロビクスインストラクターをしていたこともあったり、現在は、オーラソーマのコンサルテーションもしていますが、本業は会社を経営する社長さん。

桜色のYシャツがよくお似合いのダンディな岡べっちです。でも、一度喋り出すとその痺れるような声のトーンに惑わされたかと思うと、関西弁バリバリで吉本のタレントさんかと思うほどの毒舌トークが、かなり面白い。

そんな岡べっちは、いつもいつもさりげなくたくさんの気遣いをしてくださる方でもあります。

今回の「おかげさんのなんくるウィークリー」では、岡べっちの自分との関わり方のためにオーラソーマというカラーボトルを使ったお話がたくさん聞けます。

本当の自分と出会うために

多くの人は、自分のこと意外とよくわかっていないものです。かくいう私も・・・

自分が知っている自分より、他人の方がよく知っていたり・・・誰も知らない自分がいたり・・・

110本以上のカラーボトルの中から、自分が引き寄せられるボトルを選ぶことで、そのボトルから見出せる自分を知って愕然とすることがあります。「そんな自分がいるんだ〜〜〜」「へぇ〜〜〜」「ホォ〜〜〜」の言葉とともに、そのコンサルテーションを受けていくと、妙に落ち着く自分や優しくなれる自分にも気付きます。

人は大概、「こうあるべき」「こう振る舞った方が」「こうした方が」なんて周りの情報や常識、価値観にとらわれて自分自身を型の中に押し込めているようなことがあります。オーラソーマを通して、自分が解放され、本当に自分に「こんにちは」って出会うような旅をします。その時に出てくる自分は、「やっと会えたね」って迎えてくれるようななんとも言えない懐かしい感覚になるのです。

私も何回かオーラソーマのコンサルテーションを受けたことがありますが、その度に自分との出会いが重なり、少しずつ深いところにいる自分に気づくようになりました。

そんなオーラソーマのこと楽しく語ってくれています。

たった数秒の沈黙を・・・

岡べっちは、前回の森西美香ちゃん同様、NPO法人健康づくり推進機構BTBの理事もしています。

止まることなく、東北や熊本など地震による被災地への健康支援活動をずっと続けています。この三人は、そういった意味では同志であり、戦い方、攻め方、守り方はそれぞれですが、目指すところが同じ、そしてお互いをリスペクトできる関係に、いつも私がたくさんの勇気をもらっています。

そんな岡べっちが、自分を整えるためにちょっとした時に、目を軽く閉じて、自分の方に意識を向けるメディテーションを教えてくれました。外側ばかりに向きがちな意識を、自分の内側に向けることによって、自分の内と外の調和がとれて、そっと目を開けた時に見える景色が少し変化しています。

私的には、ふんわり、穏やかな広がりを感じることが多く、光の輝きに「ありがたい」って気持ちが生まれてきます。

岡べっちのオーラソーマのコンサルテーションを受けてみたい方は、姫路のスタジオに行ってみてくださいね。

次回の予告

5月2日&9日は、ダイナミックスポーツ医学研究所顧問の土井龍雄先生です。40年以上、日本のスポーツと医療に関わるトレーナーとして活動されてきた先生の「歩く」ことについての楽しいお話が聞けますよ。

上記のロゴをポチッと押したら、「ゆめのたね放送局 関西チャンネルへ」

火曜日の朝8:00〜8:30お聴きください。

背伸びをして軽くなるのは?

アイドル眼の美香ちゃん、華麗なる変身!!

4月4日&11日火曜日の「おかげさんのなんくるウィークリー」のゲストは、森西美香ちゃんです。

美香ちゃんは、有限会社オフィースニーズという会社を立ち上げ、コーチングやメンタルコンディショニングのお仕事をしていますが、元々はバリバリのエアロビクスインストラクターです。フィットネスの現場からメンタルの世界へ飛び込んだ華麗なる変身をした美香ちゃんです。

今回のトークの中で、美香ちゃんのコーチングへの思い、それよりも健康でいること、元気でいることにおいては、フィットネスからのアプローチもメンタルからのアプローチも同じだということ。

そしてやはり「動く」ことが大切というお話が聞けます。

美香ちゃんが発する言葉って、不思議とキラキラしています💖

その横でダンディな岡部っち(岡部泰典さん)が響きの良い声で合いの手を入れてくれます。

メンタルパワーのお話

美香ちゃんも岡部っちも、東日本大震災をきっかけに、フィットネス支援の輪を広げる活動を共にしてきました。そして、「NPO法人健康づくり推進機構BTB」を立ち上げて、チャリティイベントなど永続的に支援活動を続けています。私も本の販売金やお茶代などを1年かけて貯めて、後方支援を行なっています。

美香ちゃんが、NPO団体を立ち上げるきっかけや「命」について思うこと・・・話してくれています。

そして、そのことがコーチングへと自分を導いたことも・・・

より多くの方に届きやすいように難しいメンタルの学びをわかりやすく翻訳してくれて、楽しく学べるように工夫をしてくれたのが「メンタルパワーパートナー(MPP)」

6月23日(金) 入門コース

6月24日(土)&25日(日) 基礎コース

からだの学舎Re-fitにて開催されます。

昨年、私も基礎科&応用科と学ばせていただきました。

美香ちゃんが伝えてくれるメンタルの内容は、「動き」があるのでとってもわかりやすいのです。

空に向かって、う〜〜〜んと伸びてみよう!!

背伸びをするのはどんな時?

身体を楽にするために行うことって何ですか?

改めて聞かれると・・・

美香ちゃんは、両手を空に向かっていっぱい伸ばしてみてね〜〜〜って言ってました。

私も背伸び大好きです。背伸びをすると軽くなることがいっぱい・・・

さて、何かな?

まずは、肩周りがリラックス

そして、息も吐ききって体幹もリラックス〜〜〜

不思議とね、心が軽くなるので、身体も軽くふわふわした感じになります。

収録時に、3人でもやってみました。3人ともご機嫌なほどにフワフワ〜〜〜

次回の予告

4月18日&25日は、おもろいオッちゃんこと岡部泰典さんです。

オーラソーマのお話が聞けますよ。

お楽しみに♪

上記のロゴをポチッと押したら、「ゆめのたね放送局 関西チャンネルへ」火曜日の朝8:00からお聴きください。