尾陰由美子ブログ

コーチング:「不安」が動く原動力!

動き始めるとき・・・

人の本能に、危機に迫ったとき、不安が押し寄せてきたときに取る行動として「闘争ー逃走」反応があります。

私にもよくあるのですが、どうしようもないくらい不安な時って、自分の中に引きこもって固まってしまうか?一目散に逃げ出すか、はたまたがむしゃらに突っ込んでいくかというようなことが何度となく繰り返されます。

子供の頃は、嫌なこと、怖いことがあるとすぐに自分の居心地のいいところに逃げ込んでいました。泣いてみたり、仮病を使ってみたり、同情を引こうとしたり・・・子供ながらに必死でいろんな知恵を使って、自分を安心のスペースに置こうとしたものです。

私の場合は、図書室の先生が居心地のいい逃げ場所、本の世界が安心できる場所でした。

動き始めたのは、両親の仕事の都合で転校した時、自分のそれまでの人間関係や環境が変わったことで、リセットできた感じがしました。「私を知っている人いないんだぁ〜〜」すると、ちょっとだけ外の世界を覗きたくなるのが人の常。「周りはどんな感じなのかな?」って

自分から動き始めたものだから、不思議とそれまでの生活とは180度変わって、1人の世界から友達の世界へスルリと溶け込み出した記憶があります。自分が動いたことで、世界が変わっていく瞬間を体験したのです。

次のステップに向けた自己承認

しおちゃんこと佐藤崇子さんのコーチングをしたのは、昨年末。

ちょっと押しつぶされそうな感じで、不安いっぱいで限られた時間の中でコーチングをしました。驚くほどに頭の中が整理されて、自分のやること、目標、そのための行動がどんどん決まって、将来のビジョンまで描けて・・・

そんなしおちゃんが、今度はわざわざ栃木から大阪中百舌鳥のStudio five fまで来てくれたのです。

次のステップを目指して!

昨年末のコーチングから不思議と自分が立てた目標が手に入って、今まさに自分の行動1つ1つがそこにつながっているとわかっていながらも、またまた不安な思いが・・・

半年経って、自分の登りたい山のてっぺんに立って、次どうしよう・・・???

次の山に登るには?登った山を降りる?このまま山登り続けていいの?・・・

そんなこといっぱい考えていたのかな?「内省」という資質があるから、考えること大好きなんだけど、時に考えすぎて整理できなくなってしまう・・・そうするとせっかく登った山の中で迷子になってる感じかな?

この時の不安って、前に進んでいる人は誰もが経験する不安。私はよく、「不安なしにいつも前向きですね」って言われるけど、そんなことは全然なくて、ありとあらゆる不安なこといっぱい考えるわけです。最悪なことも、最低なことも・・・私の中のネガティブっ子がいるわけですが、そんな時ポジティブっ子もひょいと顔を出して、私の頭の中は大忙し。私自身もセルフトークが好きだし、頭の中でワチャワチャ考えるのが好きなタイプ。いわゆる一人会議をしているのです。

でもって、1人会議に疲れると、外の誰かに聞きに行ったり、情報を取りに行く。私の場合は、「収集心」という資質がそうさせます。しおちゃんの場合は、「学習欲」がそうさせるようです。

しおちゃんのコーチングを始めて、しおちゃんの頭の中からいろんなものがいっぱい溢れでて、30分もした頃・・・

「本当に不安がなくなって、安定したい?」という私の問いかけに・・・・・

ブレイクスルーが起こったようです。

「不安でいたい・・・」

そう、しおちゃんにとって「不安」というきっかけが動き出す原動力となっていました。

しおちゃんにとって「不安」は「動機(モチベーション)」であり「乗り越えたい課題」であり「チャレンジ目標」でもあったのです。今までで一番輝いたしおちゃんの顔がそこにありました。自分を自分自身が受け止めた瞬間。できないと思っていた自己承認ができた瞬間でした。「不安」を大切にする。「不安」と共にいるのがしおちゃんです。

一瞬に訪れる成長のとき

しおちゃんには、コーチングがとっても有効に働きます。もともと「目標志向」という資質があるのです。前に進む時の標を自分自身がもっているのです。いろんな情報に埋もれて、森の中でその標が見えなくなっていたのです。しおちゃんの尽きない学習欲、生真面目さが自らを森の中に導くようです。「目標」がないのではなく、たくさんの情報が邪魔をしているのです。

森の中で道に迷った時は、上を見上げて星に聞くか、お日様に聞くと方向が見えてきます。つまり視点を変えてみるということです。しおちゃんは、無意識にコーチングという視点を選んでいました。そのことで、一気に必要な情報、捨てる情報がわかったようです。

多くの場合は、いかに情報を捨てるかということにポイントがあるようです。「これは要るかも」「あれも要るかも」「そっちも大事よね」・・・なんて思ってると、わけがわからなくなってますます不安。

空を見上げて、自分の目標を思い出すと必要な情報だけが残って、霧が晴れていく感じに目の前に標がはっきりと見えてきます。その目標に自分の大切な価値観が宿っているわけですから・・・しおちゃんも一気に顔晴れ晴れ。

一歩、大きく成長したしおちゃんです。

あとは、これからのしおちゃんの活動報告を楽しみに待つことにしましょう(^ ^)

「不安」を原動力にする

このように、自分がネガティブと思っていることも捉え方を変えたり、付き合い方を知ると、自分自身がしっかりとしてきます。つまり「安定」が手に入るわけです。「安定」とは、絶えず揺らぎの中で、自分を保っているということ、「固定」して自分を固めてしまうことではなく、「不安定」の揺れ幅を心地よい「安定」の揺らぎ幅にしていくと、すでに体も頭もアイドリングがかかっている状態。すぐに動き出せますね。

コーチングには、その人のもっている本来の資質を引き出し、それに気づき、そこに愛おしさが生まれ、それを活かしていきたいという気持ちが生まれてきます。

コーチングに興味のある方は、いつでも声をかけてくださいね。

コーチングセッション

自分の資質を知りたい方は・・・

詳細はこちら👉ストレングスファインダー®︎コーチング

自分の強みを知り、キャリアアップに活かす!

コーチングって面白い!

2017年5月7日(日)大阪堺市中百舌鳥にある、「からだの学舎Re-fit」にて初めてのコーチングセミナーを開催しました。

午前中の2時間は、日隈一行さんにメンタルパワーパートナーの「言葉の力と目標設定〜夢を叶えるメンタルトレーニング〜

参加者の方々と体験型のワークをたくさん入れながら、「言葉の力」が参加者の状態をどんどん変えていくことに、みなさん興味深げでした。

無意識に何気なく取っている行動や言動がもたらす力。できれば自分にとってプラスの方が嬉しいですよね。また、体の捉え方やグランディングの状態でも全く変わってきます。

実際に私のコーチングのクライアントの方は、ピラティスでセッションを行なった後の、コーチングがとても有効に働きます。自らが主体的になっていくのです。無意識な行動や言動に気づき、気づくことによって、自分の目指す姿、目標、目的に向けての行動計画がスルスルと出てくるのです。コーチングの面白さや奥深さは、人のメンタルな領域に触れることからスタートします。

ストレングスファインダー®︎って聞いたことある?

では、午後から私が担当したストレングスファインダー®︎って聞いたことありますか?

聞いたことあるけどよくわからないという人もいますよね。詳細は、リニューアルしたStudio five fのホームページを見てもらうといいかと思いますが、自分の中にある34の資質(才能)の中でも特に無意識に自分がよく使っている資質のTOP5を紐解くことで、それを強みとして磨いていくことを考えるのです。

今回のセミナーは、それぞれのTOP5をより深く知り、自分の目指すキャリアアップにどのようにつなげるのか、そのためのTOP5の理解を深めることにポイントを起きました。後半では、その強みを使って自分の目標にどのようにつなげるのか行動にも落とし込んでみました。

私自身は、ストレングスファインダー®︎が自分を客観的に知るツールとしてはすごく有効だと思っています。特に仕事をしていく上で、人間関係を築く上で、チームマネジメントをする上で、役に立った経験を持つからです。

自分の資質を知ることで、日頃の自分の思考パターンや、行動パターン、言動パターンが繋がってくるので、自分自身を冷静に判断することもでき、少し俯瞰してみることもできるようになります。

その上で、自分の行動計画を立てるときに、またもや自分の資質を引き出していくのです。そして、足りない部分は周りのスタッフや仲間たちの資質をお借りする、つまりみんなに協力してもらうということです。そう考えると人と繋がることがとっても有意義に思えてきます。

自分を磨くのは自分次第!

「1%の才能と99%の努力」と言われるように、自分の資質も自分自身が磨かなければ何の役にも立たずもったいないということになります。むしろ、その資質の影となるマイナスの部分ばかりになると、自分へのストレスも大きくなるはずです。資質を磨くからこそ、光りが当たったときに誰かを照らすことができるのです。照らされた人が輝き喜んでくれたなら・・・こんな嬉しいことはありませんよね。

私自身は、自分のTOP5である「戦略性」「ポジティブ」「着想」「アレンジ」「収集心」という資質がかなり気に入っています。使い勝手がいいのです。そして、そのことが仕事にも活かしやすいのです。もうちょっと実行力や成果をきちんと出す資質も欲しいところですが、「アレンジ」を使っていろんな方に補ってもらってます。本当に人に恵まれていて私は助かっているのです。

コーチングセミナー第2弾、次は2017年秋です!

今回、参加参加してくださった方々のTOP5もとても興味深かったです。パーソナルコーチングセッションも素敵だけど、グループで行うと、自分にない資質の理解も深まり、そういえばその資質を持っていそうな人が自分の周りにいることにも気づきます。自分に気づいて、周りの大切な人のことも理解できて、そして資質の磨き方を身につけたなら、何だか目の前が開けてきそうですよね。

今回は、大阪以外の遠方からのご参加の方もいましたが、参加してくださった皆さんの帰り際のひとまわり大きくなった眼差しや、透明感で輝いている表情を見たら、この志事やめられないな〜って思います。

今秋、第2弾も開催予定ですので、是非堺市中百舌鳥の「からだの学舎Re-fit」のセミナー情報を楽しみにしておいてくださいね。

コーチングセッションいつでも受けることが可能です!

また、ストレングスファインダー®︎コーチング、メンタルコーチングセッション希望の方は、いつでもご連絡ください。堺市中百舌鳥のStudio five fでいつも行なっていますが、大阪や堺市以外の遠方の方はSkypeや電話で行うことも可能です。また、私が各地で講習会やセミナーを行なっていますので、そのタイミングで対面で行うことも可能です。

パーソナルセッションも可能ですし、お友達と、仲間と、プロジェクトチームと、社内スタッフやスポーツチームなどグループで行うことも可能です。お気軽にご相談くださいね。

【問い合わせ先】 info@actspace.com

 

 

筋肉が欲しい?筋力が欲しい?

何のために筋トレするの?

最近、いろんな方から「筋肉つけたいんですが・・・」と相談されることが多くなってきました。

以前は、「脂肪を落としたいんですが・・・」とシェイプアップのご相談が多かったのですが・・・

「筋肉をつけるには、やはり筋トレですよね!」とも言われます。

ここで、確認をしなければいけないのは、2つのタイプがあるということです。

1つは、ボディデザイン的にメリハリのあるボディを手に入れたいというニーズ。必要なところにきちんと筋肉をつけたいというパターンです。

この場合は、日常生活以上の負荷をかけた筋トレが必要です。求める筋肉に対して、ウエイトなどの器具を使ってしっかりと刺激を与えていく必要があります。

 

もう1つは、歩いたり階段を登ったり、日常を楽に過ごしたいというニーズ。これは筋力をつけたいというパターンになります。

機能改善や機能維持向上といった目的になりますので、神経系にもアプローチするようなファンクショナルなトレーニングがオススメです。バランスボールやバランスディスクなどの不安定器具を使っていくと、自分自身の筋力を効率的に出力できるようになります。

 

 

 さぁ〜〜て、皆さんのニーズはどちらでしょうか?

筋肉と筋力を両方身に付けたい方は・・・

そこで、欲張りな方にオススメなのが、アクティブモーションバー

神経系にアプローチして筋出力を上げて、さらに重さという負荷をかけて筋肉作りも行なっていきます。

ただの棒に見えるかもしれませんが、この棒状の中に球体の重りが入っていて、さらにその重りが中で動くというツールです。重りの音を聞きながら集中力を高めて行う必要があるので、神経と筋の協応性を高めたり、重りを動かすことで加速度が加わり、不安定なウエイトトレーニングができることから、ファンクショナルな筋トレにもなります。

 

       

 

実際、やってみると10分ほどで、30分くらいの筋トレをやった感覚があります。

体幹や下肢に対してかなり刺激的な負荷がかかって、翌日の心地よい筋肉痛に虜になって、癖になってしまうツールです(笑)

年明けから本格的に展開を始めたアクティブモーションバーですが、皆さんご存知でしたか?

そんな新しい筋トレの刺激が欲しい方は、大阪堺市中百舌鳥の「からだの学舎Re-fit」と「Studio five f」で体験することが可能です。

私は、毎回お腹周りに心地よい刺激をもらって、お腹の真ん中にできる「Iライン」とお尻の下部にできる「Wカーブ」をしっかり目指そうと思ってます。

「I(愛)」を失って「W」の悲劇にならないように・・・

トレーニングは、コンスタントにやり続けるのみです。1人じゃ続かない人は、絶対に教室に通って、仲間とともに指導者の導きの元で続けるのが一番!

春、そして夏に向けて筋トレ始めましょう!!

アクティブモーションバーのイメージはこちら

水と腹式呼吸でNK細胞を活性化?

先日、大阪のコアコンフェスタで岩崎由純会長から小耳に挟んだ話に興味を持ってネットで調べてみたのが「水をしっかり飲んで、仰向けになって腹式呼吸をするとNK細胞が活性化する」とな・・・

フジテレビの「その原因、Xにあり!」で放映されたようです。

その話を聞いて、水分をあまり取らない私

睡眠時間がやや少なく仰向けになっている時間が人より少ないのではと思う私

でも、もう10年以上も風邪もひいてないし、インフルエンザにもかかった事ないし・・・

ここ数年、特に大きく体調を崩すこともないし、熱も出ないし・・・

私、NK細胞活性化中なのかなぁ〜〜?って

そこで、思い当たるのがやはり腹式呼吸などを取り入れたエクササイズをしているということ!

そして、50代になって、夜寝る前に水分をよく取るようになったかな?

エアロビクスなどの指導が減って、ストレッチポールを使ったエクササイズやピラティス、ヨガなどのレッスンが増えてからは、仰向けの姿勢でのワークが多く、お客様と一緒に呼吸のワークをすることも多く、かなり体調いいかも〜〜〜 😛

と、ここで腹式呼吸のことを少しつぶやいてみようと思います。

美味しい呼吸をしたいなぁ〜って思うので、腹式呼吸をマスターしたいですよね。

吸って〜〜〜

吐いて〜〜

お腹を膨らませば、腹式呼吸かな?と思うんですが、実は、よ〜〜〜く見てみると、お腹を膨らませたように見えるだけの呼吸をしている方、意外と多いです。お腹がせり上がって大きく飛び出しているけど、腰が反って、背中を縮めて、胸を突き出すような呼吸になっている方が意外と多いのです。

私の腹式呼吸の方法は・・・

①呼吸をするときに身体を平面的に捉えるより立体的、3次元にイメージします。空気が、身体全体に広がって風船が膨らむようなイメージです。

②腹式呼吸がうまくいかない人は、初めにわざと何回か肩や胸を持ち上げるようなオーバーな呼吸をして息を吐くときに脱力してみます。

③息を吸う前に思いっきり息を吐ききって、身体の中が空っぽになるイメージも役に立ちます。

④息を吸うときに美味しいスープの匂いを嗅ぐようにゆったりと息を吸い込みます。

⑤普段緊張しやすい腰や脇、首の後ろのあたりに空気が流れ込んで身体が広がるイメージで空気を味わいます。

⑥喉の奥を広げる感覚も役に立ちます。あくびをするような感じです。

⑦10回くらいすると全身が心地よくリラックスします。

それでも、うまくいかないときはやっぱりレッスンを受けに来て欲しいなぁ〜

一人でやっていると考えすぎて、呼吸を意識的にやりすぎる傾向があるから、ちゃんとした指導者に身体の反応を見てもらいながらやるとやっぱり違うんですよね。呼吸をうまくコントロールできるということは、ある意味自分自身のマインド、思考や感情もうまくコントロールできるということ。メンタルへの影響も大きい!

からだの学舎Re-fit(大阪府堺市なかもず)って身体をうまく取り扱えるように、身体に楽しく興味を持てるように、身体と楽しく戯れるようにレッスンを提供してもらえますよ。

腹式呼吸をマスターしてNK細胞を少しでも活性化できたら、健康づくりに役立つかも?

オススメレッスンは、木曜日の夜と金曜日の朝のストレッチポール

火曜日と金曜日の昼間のやさしいヨガ

お問い合わせは

↓ ↓ ↓

からだの学舎Re-fit

グランディングすると・・・

「風になる、光になる、動くパワースポット尾陰由美子」です。

私のキャッチコピーを作ってみました。

この言葉を唱えると、私が私で居られる。

そして、私が大切にしたいことを思い出させてくれる。

そんな、私のためのグランディングのおまじないの言葉です。

私は、ただいまコーチングの学び中。

健康づくりのための運動指導者として、クライアントやお客様の気持ちを聴き出すこと、やる気を引き出すこと、そして、自らの力で目標に到達するよう導くこと

そのためにコーチングを学んでいます。

そのコーチングの中で「グランディング」という言葉が出てきます。

コーチが自分自身を整えることを言います。アレクサンダーテクニークの時は「頭は、脊柱の上にあって繊細に動いて、身体が自由である」ことを唱えていました。そうすると身体協調システムが働いて、すごく心地よく自分を存在させることができました。

コーチングにおいても同じことが言えるようです。コーチが自らを整えることで、愛を持ってクライアントに接することができますし、興味を持って話を聴くことができますし、無批判な自分でいることもできます。

この考え方は、私はセミナーで講師をする時、緊張する場面に立つ時、アレクサンダーテクニークのプライマリーコントロールがずいぶん役に立ちました。

コーチングを学んでいる今は、「風になる、光になる、動くパワースポット」と唱えることにしました。この言葉は、私がなりたい自分、私である自分を表しています。

風のようにそっと背中を押せるように

光のようにそっと足元を灯すように

みんなのエネルギーを引き出せる私、場所になりたいと思っています。

そのために必要なことは、自分自身のグランディング

それは、まず身体を調え、呼吸を調え、意識を集中すること

先日のコーチングの研修の前に、ひめトレ®とストレッチーズ®で身体を整えてみました。

やはり、運動指導者であり、最近はボディワークも学ぶ中で、身体の状態を整えることが一番。

ひめトレ®後の座位ポジションでのグランディング

ストレッチーズ®後の立位ポジションのグランディング

どちらもコーチングをする時のW-upには最高です。

自分の状態が整うからこそ、クライアントに意識を向け、集中してクライアントとコーチングの旅ができるのです。

クライアントとの息があって、調和が取れると、課題がスルスルと解決できます。

「難しい」という思考より「どうすればいいのかな?」という興味の思考に変わります。

1人でできないことが、コーチとクライアントという人間関係が生まれると化学反応が起こるんですね(^ ^)

やがて、それが複数の人数になっても心地よい関係、多人数になっても心地よい関係・・・そうやって心地よい社会が出来上がっていく

元は、1人1人のグランディングから・・・

そう考えると自分の身体の有り様は、大事ですね。

ここのところ、たくさんの方々のコーチングをさせていただいています。回を重ねるごとに、自分の目標がよりクリアになって、1つ1つの小さな目標がどんどん現実になって、成果が表れているようです。その変化に身体も表情も思考もどんどん変わっていくのが本当に面白いです。

身体を動かした後のコーチングは、特に効果的だなぁ〜と個人的には感じています。

パーソナルセッション(ピラティス、ヨガ、ジャイロトニックなど)後のコーチングに興味のある方は、いつでもお問い合わせくださいね。

⚫️Studio five f

⚫️からだの学舎Re-fit

上記の施設は、大阪堺市中百舌鳥(なかもず)にあります。Studio five fは、パーソナル専門のスタジオです。からだの学舎Re-fitは、少人数のグループレッスン、プライベートレッスンを行っています。

コーチングのみの方は、Skypeや電話によるコーチングも可能です。

気軽にお問合わせくださいね。

サァ〜、年末に向けて慌ただしい毎日、グランディング忘れないでくださいね(^ ^)

2017年に向けて、自分の強みを活かす!!ストレングスファインダー®

私は、フィットネスインストラクターでありながら、実はストレングスファインダー®のストレングスコーチでもあります。

Gallup社のStrengthsFinder®のストレングスコーチになるための5日間のコースに1年前に行きました。

5日間の学びを終えた後、6人の方へのコーチングを行い、クライアントの方にレポートを出してもらった後、筆記試験を受けて無事に2016年1月末にストレングスコーチの資格をいただきました。

ストレングスファインダー®って何?

ストレングスファインダー®とは、アメリカの世論調査と組織コンサルティングのギャラップ社が開発した”才能の傾向性”を測るツールです。Webのテスト(177問)に答えた後、5つの資質(トップ5)が出てきます、これが”強みのもと”になります。

この5つの資質名は、傾向が強い順に並んでいます。全部で34個の資質がある中で、特に無意識に取っている言動や行動のパターンとして、この資質は現れます。

その資質を知るがけでは、まだ十分な強みにはなっていないので、効果的に活用して強みに育てていく必要があります。その強みを育てるときのサポートを担うのがストレングスコーチとなるわけです。

ストレングスコーチは、このWebテストの結果をもとにコーチングを行っていきます。

テストを受けた結果を診断するようなイメージだと、どうしても受け身になってしまったり、性格診断や占いの類と混同されがちだけど、このストレングスファインダー®は自分を知るきっかけとなり、そこから自分の仕事や人生における目標達成や人間関係構築などに活かすことができるようになります。

 たとえば、私の場合は・・・

 私のストレングスファインダー®の結果は、

1.戦略性 2.ポジティブ 3.着想 4.アレンジ 5.収集心

そのあと、34まで続くのですが、ボトムは「原点思考」記憶力悪いのもそのせいかも・・・過去を振り返らない女なのです。同じ失敗が多いのもそのせいかも・・・

このテストを3回くらい行ったのですが、全く変わらないのが「着想」、次に「戦略性」「アレンジ」後は、その時におかれている自分の立場や仕事の内容によって、トップ10くらいの資質が出たり入ったりするようです。自分で言うのも何ですが、とにかく新しいことを考えたり、何かのきっかけでイメージをどんどん膨らませることは大好き(*^_^*)いわゆる妄想家タイプ。

仕事においては、その妄想を何とか叶えるために「収集心」で情報を集めまくり、「戦略性」をつかって、あの手この手と戦術を練り、自分が及ばない部分を「アレンジ」を使って人の手に委ねる、人の脳やスキルや力を借りまくる・・・そんな仕事の仕方だということがよくわかります。ネットを使うのが大好きなのも「収集心」のなせる業、失敗しても次の手をすぐに考えるのが「戦略性」のなせる業。人を上手に使いこなしたり、人の能力をうまく組み合わせるが好きなのも「アレンジ」のなせる業。

さらに、仕事で接するお客様や友人からも「いつも元気ねぇ~~~」「エネルギーもらえるわぁ~~」が合言葉のようですから、「ポジティブ」の資質ガンガンに使っているわけです。フィットネスインストラクターとしては、ありがたい資質です。この資質は自分でもかなり使いこなしてる感があります。

と、こうやってみると今の自分の行動、言動がどこから来るのかよくわかります。すると、納得できるのです。「だからかぁ~~」って腑に落ちて自分を受け入れやすくなるのです。

ストレングスファインダー®コーチングどうすれば受けられるの?

 いつでもご連絡いただければ、対面でもSkypeや電話においても行うことが可能です。

60分~90分間のコーチングセッションとなります。事前にWebテストを受ける必要があります。

下記にアクセス

↓ ↓ ↓

https://www.gallupstrengthscenter.com/Purchase/ja-JP/Index/

 トップ5だけでいい場合は、15$

すでにトップ5を出していて、6~34までを知りたい場合は、74$

1~34までのすべてを知りたい場合は、89$

その結果をもとにコーチングセッションをしますね。コーチングセッションの料金は、

ストレングスファインダー®コーチングセッション@<60分>

【メンバー】 12,960円(税込) 【ビジター】 15,120円(税込)

ストレングスファインダー®コーチングセッション@<90分>

【メンバー】 16,200円(税込) 【ビジター】 19,440円(税込)

*メンバーとは、NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会の登録員、Studio five fのメンバー、からだの学舎Re-fitのメンバー

 テストの受け方やうまくアクセスができない場合などは、ご連絡をいただければご説明させていただきます。

「自分の才能に目覚めよう!」という本を買うと、IDがついているのでトップ5までを知ることも可能です。

自分のキャリアアップのために・・・

2016年もあと少し

このあたりで1年の棚卸をして、2017年に向けての目標設定も必要かもしれませんね。

来年に向けて、自分のステージを上げたい方やキャリアアップを目指したい方、またビジネスの拡大や人間関係の幅を広げたいなど自分の目標に合わせてコーチングが可能です。

すっきりした心地よい自分との出会いがあります。

興味のある方は、遠慮なくお問い合わせください。

お問合せ

↓ ↓ ↓

http://actspace.com/contact/

年かな?腕が上がりにくい!肩が痛い!どうして?

若い頃は、こんなことなかったのに・・・

腰が痛い!

肩がこる!

目がかすむ!

膝が曲げにくい!

からだの節々でいろんな音がする!

こんな相談が増えてくるのが、40代以降

うんうんと頷いている人いますか?

最近は、デスクワークの方も多く、パソコン作業やスマホを見る機会が増えて「肩こりがひどい」「腕が上がりにくい」

そんな相談をよく受けます。

そこで、今日は、腕のことについて

病院で診ても何も問題がないのに・・・

腕が上がりにくいということで、病院に行っても靭帯や腱板などの損傷もなく、骨や関節にもさほど異常がないと

「年ですからね」

「肩周りのストレッチをしてください」

なんて言われて、湿布程度の処方しかしてもらえないことありますよね。

四十肩や五十肩と言われたら、多少のリハビリも受けられると思うのですが、

そんなこともないのに、腕が上がりにくい、肩が痛い場合

からだの使い方を見直してみるのも1つの方法です。

腕を上げなくても、そこそこ日常生活ができてしまう現代です。

昔のように布団の上げ下ろしや洗濯物を干すなど腕を上げる動作が少なくなっている分、

筋肉が腕をスムースに引き上げてくれる方法を忘れているのかも?

日常の中で、絶えず無意識に行っている動作に変な癖や習慣があるのかも?

ボディイメージって知っていますか?

皆さんは、腕ってどこからが腕だと思いますか?

白矢印のところから腕だと思いますよね。確かにそうなんです。

でも腕の動きというのは、背中にある肩甲骨、それにつながる鎖骨

この鎖骨-肩甲骨-腕がセットになって、ユニットとして動いているんです。

このように白矢印の喉元あたりから手を上げるようにしてみます。

鎖骨と肩甲骨も動いて、少し腕が楽に上がるようになりますよ。

さらに、肩の筋肉(三角筋と言いますが)だけで腕を上げようとすると、この筋肉はすぐに疲れます。

いわゆるアウターマッスル(表層の筋肉)なので、パワーを発揮するのに大活躍ですが、

日常のささやかな動きに出動させるとすぐにへこたれます。

なので、腕を上げる動作1つにしても体幹(体の中心ね)から動かすイメージがポイント(^^)

やっぱり体幹トレーニングが、必要なんですね。

ボディイメージがわかりづらい方は・・・

そんなこと言っても、体のことよくわかんない場合は、専門家に聞くのが一番

私的には、トレーニングの専門家より動きの専門家がいいかな?と思っています。

アレクサンダーテクニークフランクリンメソッド(ちょっと難しい名前ですが)を学んでいる人は、

動きのことよくわかってますよ。

実は、私もアレクサンダーテクニークを4年ほど学びました。

そして、フランクリンメソッドは、レベル1&2のエデュケーターでもあります。

体の使い方を理解して、それからトレーニングをするととっても効果的

上がりにくかった腕もスルスルってね。

Studio five fもからだの学舎re-fitでもプライベートセッションを行っています。

からだの使い方って???

自分の身体の中に

何があって、

どこにあって、

どんなことをしているのか

それをきちんと学ぶことで、脳が自然と機能的な動きに導いてくれるのです。

無意識な領域に意識を向けると身体は、どんどん変化していくのです。

誰でも「変化の達人」になれるのです。

自分の身体を地図のように見立てて、まずは、「何がどこにあるのか?」を知るのです。

●自分のカラダの地図を確認したい方は、プライベートセッションにお申し込みくださいね。

お申込みはこちら

↓ ↓ ↓

http://karadanomanabiya.com/

 

●カラダのことを学びたい方は、フランクリンメソッドのセミナーがおススメ!

お申込みはこちら

↓ ↓ ↓

http://karadanomanabiya.com/info/seminar/1590/

大阪堺市の中百舌鳥にある、カラダとココロにおいしい施設で健康づくり

お盆になってようやくこちらのブログにも着手できそうです。

今日から『カラダもココロもしなやかに 風にのる 風になる』尾陰由美子のブログよろしくお願いします。

さて、有限会社アクトスペース企画は私の会社です。社員は、私一人ですが、たくさんのスタッフに支えられて成り立っている会社です。

アクトスペースの意味は、「アクティブなスペース」つまり、「活動的な空間」を創り出す会社というイメージで名付けました。

現在、大阪府堺市の中百舌鳥に「からだの学舎Re-fit」と「Studio five f」という2つの施設を運営しています。

 

どちらの施設もカラダとココロを健やかに豊かに快適に調えることを目的とした施設です。

ブログのタイトル「風にのる 風になる」は、私の想いが多くの方々に届くように・・・

元気でいること、健やかでいること、

美しくあること、ありのままであること、

凛とすること、心地よくすること

動きを通して、言葉を介して、伝えていきたいと思っています。

今から15年前の41歳の時、ドイツ、スイスで出会ったことが私の活動の基盤になっています。

当時、大手フィットネスクラブのM&Aが盛んだった頃、インストラクターの育成や評価やマネージメントに追われていた頃、

疲れ切っていた私は、過換気症候群で呼吸の問題でストレスもピークに(-“-)

20代の頃から望んでいたヨーロッパへの旅を決意して、12日間の行程の中で学んだことが2つ。

先頭を切って歩くのもいいが、後ろからみんなの歩みを見ながら、必要な時にサポートする生き方も素敵♡

早く歩くのもいいけど、ゆっくり歩くことで見えなかった景色が見えてくる。小さなことやどうってことないことに感動できる♡

そうして、少しずつ私は変化してきたと思います。

ヨーロッパで学びたかった運動療法にも少し触れ、『機能改善』の考え方を明確にし、フィットネスとリハビリの間の架け橋となるプログラム、指導者、場所が必要と思って走り続けた15年。

「ボディチューニング」というプログラムを「機能改善体操」と名前を変え

「NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会®」という団体を立ちあげ、指導者育成に力を注ぎ

8年前にMind&Body Conditioning Studioとして「Studio five f」をオープンさせ

1年半前にリハフィットネスとして「からだの学舎Re-fit」をオープンさせました。

1人1人のお客様にとっておいしい施設づくりがコンセプト

単なる運動提供だけでなく、

カラダとココロを楽しく学び、

興味深く理解していくプロセスに私は立ち会っていきます。

1人で思い悩んでいたり、いろんな人にいろんなことを言われて、立ち往生しているときにぜひ、中百舌鳥まで足をお運びください。

必要であれば、私の方からお伺いすることも可能です。

あきらめないで・・・

一緒に可能性を探ってみましょう!!

2つの施設では、

ヨガ、ピラティス、ジャイロトニック、パワープレートトレーニング、

 

バランスボール、トランポリン、ストレッチポール、ひめトレ®、タバタ式サーキット・・・

 

最新のエクササイズならシルクサスペンション™、ストレッチーズ・・・

 

 フィットネスクラブでは得られない!カルチャー教室では味わえない!

ぬくもりのあるエクササイズ

お客様とゆったり関わる時間

新しい刺激に満ちた学び

カラダとココロにおいしい施設を目指しています。

興味のある方は

●からだの学舎Re-fitはこちら ⇒ http://www.karadanomanabiya.com/

●Studio five fはこちら ⇒ http://www.five-f.jp/