尾陰由美子ブログ

年かな?腕が上がりにくい!肩が痛い!どうして?

若い頃は、こんなことなかったのに・・・

腰が痛い!

肩がこる!

目がかすむ!

膝が曲げにくい!

からだの節々でいろんな音がする!

こんな相談が増えてくるのが、40代以降

うんうんと頷いている人いますか?

最近は、デスクワークの方も多く、パソコン作業やスマホを見る機会が増えて「肩こりがひどい」「腕が上がりにくい」

そんな相談をよく受けます。

そこで、今日は、腕のことについて

病院で診ても何も問題がないのに・・・

腕が上がりにくいということで、病院に行っても靭帯や腱板などの損傷もなく、骨や関節にもさほど異常がないと

「年ですからね」

「肩周りのストレッチをしてください」

なんて言われて、湿布程度の処方しかしてもらえないことありますよね。

四十肩や五十肩と言われたら、多少のリハビリも受けられると思うのですが、

そんなこともないのに、腕が上がりにくい、肩が痛い場合

からだの使い方を見直してみるのも1つの方法です。

腕を上げなくても、そこそこ日常生活ができてしまう現代です。

昔のように布団の上げ下ろしや洗濯物を干すなど腕を上げる動作が少なくなっている分、

筋肉が腕をスムースに引き上げてくれる方法を忘れているのかも?

日常の中で、絶えず無意識に行っている動作に変な癖や習慣があるのかも?

ボディイメージって知っていますか?

皆さんは、腕ってどこからが腕だと思いますか?

白矢印のところから腕だと思いますよね。確かにそうなんです。

でも腕の動きというのは、背中にある肩甲骨、それにつながる鎖骨

この鎖骨-肩甲骨-腕がセットになって、ユニットとして動いているんです。

このように白矢印の喉元あたりから手を上げるようにしてみます。

鎖骨と肩甲骨も動いて、少し腕が楽に上がるようになりますよ。

さらに、肩の筋肉(三角筋と言いますが)だけで腕を上げようとすると、この筋肉はすぐに疲れます。

いわゆるアウターマッスル(表層の筋肉)なので、パワーを発揮するのに大活躍ですが、

日常のささやかな動きに出動させるとすぐにへこたれます。

なので、腕を上げる動作1つにしても体幹(体の中心ね)から動かすイメージがポイント(^^)

やっぱり体幹トレーニングが、必要なんですね。

ボディイメージがわかりづらい方は・・・

そんなこと言っても、体のことよくわかんない場合は、専門家に聞くのが一番

私的には、トレーニングの専門家より動きの専門家がいいかな?と思っています。

アレクサンダーテクニークフランクリンメソッド(ちょっと難しい名前ですが)を学んでいる人は、

動きのことよくわかってますよ。

実は、私もアレクサンダーテクニークを4年ほど学びました。

そして、フランクリンメソッドは、レベル1&2のエデュケーターでもあります。

体の使い方を理解して、それからトレーニングをするととっても効果的

上がりにくかった腕もスルスルってね。

Studio five fもからだの学舎re-fitでもプライベートセッションを行っています。

からだの使い方って???

自分の身体の中に

何があって、

どこにあって、

どんなことをしているのか

それをきちんと学ぶことで、脳が自然と機能的な動きに導いてくれるのです。

無意識な領域に意識を向けると身体は、どんどん変化していくのです。

誰でも「変化の達人」になれるのです。

自分の身体を地図のように見立てて、まずは、「何がどこにあるのか?」を知るのです。

●自分のカラダの地図を確認したい方は、プライベートセッションにお申し込みくださいね。

お申込みはこちら

↓ ↓ ↓

http://karadanomanabiya.com/

 

●カラダのことを学びたい方は、フランクリンメソッドのセミナーがおススメ!

お申込みはこちら

↓ ↓ ↓

http://karadanomanabiya.com/info/seminar/1590/

大阪堺市の中百舌鳥にある、カラダとココロにおいしい施設で健康づくり

お盆になってようやくこちらのブログにも着手できそうです。

今日から『カラダもココロもしなやかに 風にのる 風になる』尾陰由美子のブログよろしくお願いします。

さて、有限会社アクトスペース企画は私の会社です。社員は、私一人ですが、たくさんのスタッフに支えられて成り立っている会社です。

アクトスペースの意味は、「アクティブなスペース」つまり、「活動的な空間」を創り出す会社というイメージで名付けました。

現在、大阪府堺市の中百舌鳥に「からだの学舎Re-fit」と「Studio five f」という2つの施設を運営しています。

 

どちらの施設もカラダとココロを健やかに豊かに快適に調えることを目的とした施設です。

ブログのタイトル「風にのる 風になる」は、私の想いが多くの方々に届くように・・・

元気でいること、健やかでいること、

美しくあること、ありのままであること、

凛とすること、心地よくすること

動きを通して、言葉を介して、伝えていきたいと思っています。

今から15年前の41歳の時、ドイツ、スイスで出会ったことが私の活動の基盤になっています。

当時、大手フィットネスクラブのM&Aが盛んだった頃、インストラクターの育成や評価やマネージメントに追われていた頃、

疲れ切っていた私は、過換気症候群で呼吸の問題でストレスもピークに(-“-)

20代の頃から望んでいたヨーロッパへの旅を決意して、12日間の行程の中で学んだことが2つ。

先頭を切って歩くのもいいが、後ろからみんなの歩みを見ながら、必要な時にサポートする生き方も素敵♡

早く歩くのもいいけど、ゆっくり歩くことで見えなかった景色が見えてくる。小さなことやどうってことないことに感動できる♡

そうして、少しずつ私は変化してきたと思います。

ヨーロッパで学びたかった運動療法にも少し触れ、『機能改善』の考え方を明確にし、フィットネスとリハビリの間の架け橋となるプログラム、指導者、場所が必要と思って走り続けた15年。

「ボディチューニング」というプログラムを「機能改善体操」と名前を変え

「NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会®」という団体を立ちあげ、指導者育成に力を注ぎ

8年前にMind&Body Conditioning Studioとして「Studio five f」をオープンさせ

1年半前にリハフィットネスとして「からだの学舎Re-fit」をオープンさせました。

1人1人のお客様にとっておいしい施設づくりがコンセプト

単なる運動提供だけでなく、

カラダとココロを楽しく学び、

興味深く理解していくプロセスに私は立ち会っていきます。

1人で思い悩んでいたり、いろんな人にいろんなことを言われて、立ち往生しているときにぜひ、中百舌鳥まで足をお運びください。

必要であれば、私の方からお伺いすることも可能です。

あきらめないで・・・

一緒に可能性を探ってみましょう!!

2つの施設では、

ヨガ、ピラティス、ジャイロトニック、パワープレートトレーニング、

 

バランスボール、トランポリン、ストレッチポール、ひめトレ®、タバタ式サーキット・・・

 

最新のエクササイズならシルクサスペンション™、ストレッチーズ・・・

 

 フィットネスクラブでは得られない!カルチャー教室では味わえない!

ぬくもりのあるエクササイズ

お客様とゆったり関わる時間

新しい刺激に満ちた学び

カラダとココロにおいしい施設を目指しています。

興味のある方は

●からだの学舎Re-fitはこちら ⇒ http://www.karadanomanabiya.com/

●Studio five fはこちら ⇒ http://www.five-f.jp/